20代後半の転職方法≪経験者が教える成功するための6つのコツ≫

20代後半の転職は、将来を変えるチャンス!

20代後半の転職は”今後の人生”を決定します。

 

 

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、これは事実です。

 

20代後半は転職しやすい年齢であり、
新しいことに挑戦できる最後のチャンスです。

 

<↓内定後にエージェントからもらった労働条件通知書>
 

 

世間一般では”20代後半は転職適齢期”と呼ばれています。

 

その理由は、

 

20代後半が転職適齢期と言われる理由

主に2つあります。

1職種、業種を変えた転職が可能
2企業からのニーズが高い

 

職種、業種を変えた転職が可能

20代後半は"即戦力"を求められますが、
まだ若手に分類されます。
そのため、他の職種に転職することが可能です。

 

キャリアチェンジの例:営業=>経営企画など

 

企業からのニーズが高い

大きく分けて3つの理由から構成されています。

 

<全体の4割弱が20代後半>
 
参考元:DODAのHP

 

社会人としてのマナーを身に着けている

新入社員のように社会人研修を実施する必要がありません。
教育費用を抑えることが出来ます

 

 

ある程度の専門性がある

人によっては成功体験を持っているため、
入社後に即戦力として働いてくれます
(職種が同じ転職の場合)

 

 

若いため長期的に働いてくれる

転職者にすぐに辞められると、
費用、時間、採用部門の労力を無駄にします。
20代後半は若いため長期的に働いてくれる可能性が高い
と企業は考えています。

 

 

企業にとって採用活動は、とても体力を使います。
そのため、”転職者が長く働いてくれること”を重要視します。

 

逆に言うと、上記の条件を満たしていないと、
転職するのが難しいということです。

 

 

私は今回初めて転職しました。
転職エージェントを利用したおかげで、
希望通りの転職をすることが出来ました。

 

 

彼らのアドバイスは的確で、とても参考になりました。
1社だけではなく、複数のエージェントを利用して、
転職活動を成功させました。

 

その時に教えてもらったのが、

転職活動を上手く進める6つのコツ

クリックすると関連記事に進みます。

 

彼らにはとても感謝しています。
一人では上手くいかなかったと思います。

 

 

転職活動は、体力・精神共に疲弊します。
時には、上手くいかず落ち込むこともあります。

 

ただし、覚えておいてほしいのは、
20代後半の転職は今後の人生を左右します

 

妥協すると後悔する可能性が高いです。
自分が納得するまでやった方が良いです。

 

 

==> 20代後半の転職方法を理解するの記事に進む

 

 

20代後半の転職方法≪経験者が教える成功するための6つのコツ≫のトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

20代後半の転職方法 自己分析 自己PR 志望動機 転職理由 在職中に転職