20代後半の転職方法を理解する

20代後半の転職方法を理解する

・企業が求める人物像を理解する
・転職エージェントを利用するのが良い

 

20代前半(第二新卒者)と後半では、
”転職方法”が異なります。

 

その理由は、企業が求める人物像が異なるからです。

 

具体的には、

20代後半に求められる条件

・実務経験
・企業が求める業務に応用できるスキル

 

第二新卒のように「ポテンシャル」ではありません。
まずは、これを念頭に置いたうえで転職方法を考えます。

 

 

転職方法は大きく分けて、3つあります。
(縁故入社もありますが、これはレアケースです)

 

3つの転職方法

・自力で転職する
・転職サイトを利用する
・転職エージェントを利用する

 

 

 

初めから結論を言ってしまうと、
20代後半は「転職エージェント」の利用がおすすめです。

 

転職エージェントを進める理由

1.やりたいことが明確
2.志望する業界や企業の情報をくれる
3.限られた時間内で転職活動を行う必要がある
4.応募書類の添削・面接の練習をしてくれる

 

やりたいことが明確

企業で数年働いた経験があるため、
新卒時と比べて「何をしたいのか?」が明確になっています。
あとは「やりたいことが出来る業界や企業」を探すだけです。

 

エージェントは”非公開求人”を持っているため、
他の転職方法では手に入らない企業情報の入手が可能です。

 

 

志望する業界や企業の情報をくれる

エージェントは過去の実績から
様々な業界や企業の情報を持っています。

 

事前に情報を入手することでミスマッチを減らしたり、
転職を優位に進めることが出来ます。

 

 

限られた時間内で転職活動を行う必要がある

20代後半は責任感も増し、第一線で活躍している頃です。
当然、仕事量も多く、日々残業・・という人も多いです。

 

物理的に転職活動に使える時間が少なく、
自分で企業を検索するのは現実的ではありません。

 

エージェントを利用すれば、
書類添削〜退職までをサポートしてくれます。

 

 

応募書類の添削・面接の練習をしてくれる

応募書類の基本的な書き方や注意点を教えてくれます。
また、模擬面接を実施してくれるため、
面接のポイントや注意点を実体験で知ることが出来ます。

 

個人的には、面接の練習が一番参考になりました。

 

 

面接のポイントは、
”質問の意図を理解して正確に答えること”です。
饒舌じゃなくてもよいです。
それが分かっただけでも、気持ちが楽になりました。

 

 

==> 自己分析の方法とポイントの記事に進む

 

 

20代後半の転職方法≪経験者が教える成功するための6つのコツ≫のトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


20代後半の転職方法 自己分析 自己PR 志望動機 転職理由 在職中に転職