複数の転職エージェントを利用する

複数の転職エージェントを利用する

・転職エージェントは会社や担当者によりレベル差がある
・複数社登録することで応募求人の質を比較検討できる

 

”転職エージェントは1社しか利用してはいけない”
という決まりはありません。

 

また、実際に複数利用しているため、
「質の低い求人を紹介される」ということもありません。

 

<2社連続でエージェントを申し込みました>
 

 

私は大手3社を利用して転職活動していました。

 

複数転職エージェントを利用するメリット

・求人の質を高めることが出来る
・転職成功率を高めることが出来る

 

求人の質を高めることが出来る

転職エージェントは会社や担当者によって、
保有している求人の質が異なります
〇〇業界に得意な人もいれば、あまり得意でない人もいます。

 

 

もしも担当エージェントがハズレの場合は最悪です。

 

ハズレのエージェントが与えるリスク

・自分の市場価値が低いから転職できないと感じてしまう
・時間を無駄に使うことになる

 

こうしたリスクを避けるためにも、
複数エージェントに登録して求人の質を高めましょう。

 

転職成功率を高めることが出来る

通常1エージェントのみ利用した場合、
求人数と質の兼ね合いから週に1回面接出来れば上出来です。
時には2週に1回の時もあります。

 

ただし、複数エージェントを利用すれば、
週に2〜3回面接を受けることも可能になります。

 

 

その場合、面接を受ける回数が多いため、
短期間で面接慣れや面接力をアップさせることが可能になります。
結果、早いタイミングで内定を勝ち取ることが出来ます

 

 

ただし、複数転職エージェントの利用は、
良いことばかりではありません。
デメリットも存在します。

 

複数転職エージェントを利用するデメリット

管理に時間がかかる

単純に管理工数が増えます。
「メールや電話のやり取り×利用しているエージェント数」

 

 

また、紹介求人数を吟味する必要があります。
分子(当たり)の数は多くなりますが、
分母も増えるため仕分けに時間がかかります
当たり求人ばかりではありません。

 

 

20代後半はとにかく忙しいです。
短期間、今よりも忙しくなるが、早く転職したいか?
ある程度期間をかけて転職をするのか?

 

それらを総合的に考えて判断します。

 

 

==> 業界研究のやり方や方法の記事に進む

 

 

<== 会社の将来性を考えて行動するの記事に戻る

 

20代後半の転職方法≪経験者が教える成功するための6つのコツ≫のトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


20代後半の転職方法 自己分析 自己PR 志望動機 転職理由 在職中に転職