転職活動は会社(上司・同僚)に言わず内緒で行う

転職活動は会社(上司・同僚)に言わず内緒で行う

・転職活動を口外するのはデメリットしかない

 

基本的に転職活動は会社の上司や同僚に言わずに、
内緒でこっそり行います
これには、いろいろと理由があります。

 

転職活動を内緒にする理由

・万が一失敗した時に現職での立場が危うくなる
・転職を妨害される

 

万が一失敗した時に現職での立場が危うくなる

転職活動は、会社からすると敵対行為です。
今まで社員に投資(給与を支払い)していたのに、
転職活動(裏切り行為)していた。

 

当然、良い気持ちではいられません。

 

 

そのまま上手く転職出来れば良いのですが、
万が一失敗した場合は大変です。
周囲から裏切り者扱いされます。
対応も冷たく、当然、居心地が悪いです。

 

 

居たたまれなくなって、
結局(転職する前に)退職するおそれがあります

 

 

転職を妨害される

上司や部下に辞められると評価に影響するため、引き留めます。
そして、転職活動させないように妨害してきます。

 

転職妨害の実例

・面接の為に有給を取得しようとしても受理しない。
・定時後も不思議な力で帰れなくさせられる

 

ただし、一度転職しようとした事実は、
周囲に伝わっています。
自分自身は以前と同じように振る舞っても、
周囲の態度は硬化して、居づらくなります。

 

そして、結果的に(転職前に)退職してしまうリスクがあります

 

 

転職活動を周囲に話して、得することは何もありません。
むしろデメリットしかありません

 

 

==> 20代後半の転職理由は「前向き」であることの記事に進む

 

 

<== 面接日程は企業の都合に合わせるようにするの記事に戻る

 

20代後半の転職方法≪経験者が教える成功するための6つのコツ≫のトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


20代後半の転職方法 自己分析 自己PR 志望動機 転職理由 在職中に転職