20代後半の転職理由は「前向き」であること

20代後半の転職理由は「前向き」であること

・後ろ向きな転職理由は通じない

 

同じ20代でも前半と後半では企業が求める条件が異なります

 

20代前半・広範囲求められる条件

20代前半(第二新卒)=ポテンシャル
20代後半=即戦力

 

第二新卒と同レベルの転職理由の場合、
確実に面接で落ちます

 

後ろ向きな転職理由がNGな理由

・幼稚だと判断される
・長く働く意思がない(または薄い)と判断される

 

幼稚だと判断される

20代後半は即戦力として期待されるため、
転職理由も「ミスマッチ(第二新卒と同じ」では通じません。
そのため、伝え方を工夫する必要があります。

 

転職理由として使える3つ

・実害を受けた
・やりたい仕事が出来ない
・正社員として働きたい

 

関連記事:転職理由の伝え方や話し方
これ以外の転職理由は通じません。

 

長く働く意思がない(または薄い)と判断される

企業にとって大切なのが
「この人はウチで長く勤めてくれるかな?」という点です。

 

「現職に不満があるから転職すること」を
企業側も理解しています。
ただし、ネガティブな理由を語られた場合、
企業側は、理解はしてくれますが納得はしません

 

 

また同じ理由で転職すると考えます
ネガティブな考え方の人と一緒に働くと、
職場の雰囲気が悪くなるし、成長も望めません。

 

20代後半は今後中堅社員の仲間入りをし、
人を育てることも期待されます。
そのため、長く働く意思があることを伝える必要があります

 

 

==> 年収アップの転職はリスクもあるの記事に進む

 

 

<== 転職活動は会社(上司・同僚)に言わず内緒で行うの記事に戻る

 

20代後半の転職方法≪経験者が教える成功するための6つのコツ≫のトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


20代後半の転職方法 自己分析 自己PR 志望動機 転職理由 在職中に転職