年収アップの転職はリスクもある

年収アップの転職はリスクもある

・求められるパフォーマンスを発揮できるのか?
・最悪解雇も有りえることを理解する

 

一般的に以下の条件で転職すると年収アップしやすいです。

・給与水準が高い企業や業界に転職する
・需要の高い専門知識がある(金融業務知識やエンジニア)
・同業他社と比べて現在の給与が低い

 

年収が上がるのは嬉しいことです。
今よりも確実に生活の選択肢が広がります。

 

年収アップした場合の選択肢の例

・買いたいものが買える。
・将来に向けて貯蓄できる。
・趣味や好きなことに使えるお金が増える。

 

ただし、年収アップにはリスクも存在します。
特に、”給与に見合わない”と判断された場合
非常にまずいことになります。

 

 

 

年収アップの注意点

・試用期間があり、いつでも首になるリスクがある
・成果を求められる期間が短い

 

試用期間があり、いつでも首になるリスクがある

多くの企業は、3〜6か月の試用期間を定めています。
「給与に見合う能力がない」と判断された場合、
一方的な解雇も有りえます

 

 

また、試用期間を過ぎたとしても、
また転職者は目に見えた成果を求められます。
即戦力として期待されているためです。

 

 

成果を求められる期間が短い

即戦力として入社しているため、
生え抜きのように待ってくれません
半年、一年と経過した時に、期待した水準を満たしていない場合、
他部署に転籍、または首のリスクがあります。

 

 

企業が求めるパフォーマンスを発揮できない場合は、
遅かれ早かれ降格、解雇されるリスクがあります

 

こうしたリスクを理解した上で、年収アップを狙った方が良いです。

 

 

==> 20代後半の転職で気を付けるべき3つのことの記事に進む

 

 

<== 20代後半の転職理由は「前向き」であることの記事に戻る

 

20代後半の転職方法≪経験者が教える成功するための6つのコツ≫のトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


20代後半の転職方法 自己分析 自己PR 志望動機 転職理由 在職中に転職