20代後半で異業種の転職は可能?

20代後半で異業種の転職は可能?

・20代後半はキャリアチェンジ出来る最後のチャンス
・業界×業種の組み合わせで転職難易度が異なる

 

最初から結論を言うと、難しいですが転職可能です。
まずは、転職のパターンを整理します。

 

転職は大きく分けて4つのパターンがあります。

 

4つの転職パターンを理解する

1:同業種、同職種(メーカ営業=>メーカ営業)
2:異業種、同職種(商社営業=>メーカ営業)
3:同業種、異職種(メーカ営業=>メーカ生産管理)
4:異業種、異職種(商社営業=>メーカ生産管理)

 

同業種、同職種(メーカ営業=>メーカ営業)

会社によって社風や仕事の進め方は違いますが、
前職の経験をそのまま転用できます
難易度は低いです。

 

 

異業種、同職種(商社営業=>メーカ営業)

業界の特徴や慣習に戸惑うかもしれませんが、
前職のスキルを活かすことが出来ます
意外に感じるかもしれませんが、転職しやすいです。

 

難易度は中くらいです。
私の転職はこのパターンでした。

 

 

同業種、異職種(メーカ営業=>メーカ生産管理)

業界の知識はありますが、前職の経験を活かせません
転職の際になぜその職種を希望するのか?の説明を
論理的に説明する必要があります。

 

 

どうしても職種を変更したい場合は、
社内で配置転換してもらうことです。
その後経験を積んでから、他社に移った方がよいです。
難易度は高めです。

 

 

異業種、異職種(商社営業=>メーカ生産管理)

前職の経験や知識が活かせません
転職理由。志望動機。自己PRを高いレベルで構成し、
転職活動を長期戦で行う覚悟がある人向けです。

 

 

業界や職種によっては若手を(20代後半はまだ若手扱い)
募集しているところもあります。
逆に経験がない方が良いという企業もあります。

 

 

自分が転職したい業種や職種によって事情が異なりますが、
一般的にこのケースが最も難しいです。

 

異業種に転職する場合の注意点

・業界独特の慣習がある
・仕事の進め方が違う

 

業界独特の慣習がある

私が一番違いを感じたのが、その業界独特の慣習です。
「慣習」とは、この場合、特徴と言っても良いです。

・仕事をする時間帯
・1つの案件が長期間続くこと

などが違っていました。

 

 

仕事の進め方が違う

仕事の進め方は、上司によっても相当差が出るため、
その点は慣れるしかありません。
大切なのは「そのやり方を真似ること」です。
決して否定しないことです。

 

 

改革を望む業界や企業であればよいのですが、
そうでない場合は、生意気だと判断されます。

 

風当たりが強くなり、厳しい状況に追い詰められるかもしれません。
そうならないように、従順にその会社のやり方を学んだ方が良いです

 

 

==> 20代の転職回数は何回までOK?の記事に進む

 

 

<== 年収アップの転職はリスクもあるの記事に戻る

 

20代後半の転職方法≪経験者が教える成功するための6つのコツ≫のトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


20代後半の転職方法 自己分析 自己PR 志望動機 転職理由 在職中に転職