20代の転職回数は何回までOK?

20代の転職回数は何回までOK?

・2回目以降の転職から急激に難易度が上がる

業界によっては転職回数が多くても大丈夫なところもありますが、
一般的に言って、多ければ多いほど厳しくなります

 

初めての転職を100と規定した場合の転職難易度

 
<20代のはたらきベース(DODA)より>

 

このことから、転職回数2回以上の場合、
転職市場では不利になると言えます。

 

転職回数が多いほど成功率が下がる理由

・長続きしないと判断される
・スキル不足だと判断される

 

長続きしないと判断される

企業が転職者に望むことは「長く働いてくれること」です。
転職回数が多い場合、1社あたりの在籍年数が短いため、
「またすぐに辞める」と判断されます

 

採用活動は企業にとっても負担が大きく(金銭、時間的な負担)
失敗するわけにはいきません。

 

 

スキル不足だと判断される

1社あたりの在社年数が短い場合、
十分な経験を積んでいないと見做されます。
単純に同年代の転職者と比べた時に、
「スキルが身についていない」と彼らは考えます

 

20代後半は”即戦力”を期待されるため、
スキル不足の場合は話になりません。

 

転職回数が多い人の転職方法

転職理由に一貫性を持たせる 
1社目から2社目。
または1社目から3社目までの転職理由に共通点を見つけます
大枠で捉えれば何かしら共通点が見つかります。

 

 

また各会社で達成した成果や実績を考えます。
通常、成果を達成する過程で問題が発生するため、
どうやって解決したのか?も併せて考えます。

 

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。
関連記事:自己PRの書き方と考え方

 

 

結論から言うと、転職回数は少ない方が良いです。

 

 

==> 20代の転職活動期間はどのくらい?の記事に進む

 

 

<== 20代後半で異業種の転職は可能?の記事に戻る

 

20代後半の転職方法≪経験者が教える成功するための6つのコツ≫のトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


20代後半の転職方法 自己分析 自己PR 志望動機 転職理由 在職中に転職