転職の一次面接の質問内容は?

転職の一次面接では何を聞かれる?

・一次面接は採用担当者と直属の上司が面接官になる

 

知識として知っておいた方が良いのは、
一次面接の面接官は誰が担当するのか?ということです。

 

一次面接の面接官は?

採用担当者+直属の上司
一次面接は高確率で、採用担当者と
入社後直属の上司になる人が面接官をしています。

 

 

彼らの見るべき点は以下の点です。

・募集している業務を担当するスキルがあるか?
・一緒に働きたいと思えるかどうか?

という点です。

 

普段から業務に関わる方々ですので、
現場の視点でチェックします。

 

面接はわずか30分〜1時間しかないため、
第一印象がとても大切です

 

転職者が一次面接で確認する点

幸いにも上司を一次面接で先に知ることが出来ます。
相手同様に、こちらも人間性を観察します

 

時間が短いため情報は限られますが、
もしも嫌な感じがしたら、その企業はやめた方が良いです。

 

 

少なくとも入社して半年はその上司の下で働きます
合わない相手と仕事をするのは、しんどいです。

 

一次面接中に確認しておきたい点

・募集している背景は?(激務の為に人が足りない?)
・新規プロジェクトで人を必要としているのか?
・前任者はどうしたのか?

などなど。
今回募集している背景をよく確認した方が良いです。

 

 

特に前任者がいない(いたが辞めた)場合、
その案件は激務の可能性があります
人が続かない可能性があります。

 

 

仕事内容をそれとなく確認した方が良いです。
「1週間のスケジュールを具体的に教えてもらえますか?」
などです。

 

 

 

==> 転職の二次面接では何を聞かれる?の記事に進む

 

 

<== 転職の面接に参加するために有休を取得する場合の理由は?の記事に戻る

 

20代後半の転職方法≪経験者が教える成功するための6つのコツ≫のトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


20代後半の転職方法 自己分析 自己PR 志望動機 転職理由 在職中に転職