転職の二次面接では何を聞かれる?

転職の二次面接では何を聞かれる?

・二次面接は人事部長や部署の最高責任者が面接官になる

 

企業が一次面接と二次面接で知りたい点は基本的に同じです。
違うのは、面接官の質です。

 

二次面接の面接官は?

人事部長+部署の最高責任者
基本的に、一次面接で尋ねた内容と同じことを確認しますが、
幹部クラスのため、視点の高さが違います

 

彼らの見るべき点は以下の点です。

・人柄や会社に馴染めるかどうか?
・自社が目指している方向に合っているかどうか?

という点です。

 

 

そのため、質問自体は同じですが、
その後の回答に対する角度や深さが違います。
彼らが知りたいのは、応募者の仕事に対する姿勢や考え方です。

 

 

そして、転職者は以前の会社の社風に一部染まっていますので、
「馴染めるかどうか?」という点も大切です。

 

採用活動は時間とお金を使いますので、
企業側の負担も大きいです。
そのため、応募者の見極めが重要になってきます。

 

 

二次面接の注意点は?

一次面接から一貫性を持って答えることです。
一次面接の情報は既に共有されていますが、
彼らは自分自身で確認したうえで、より深い質問をしてきます。

 

二次面接で答えるべき内容

・これまでの経験から今後どのように極めたいのか?
・仕事を通じて何を実現したいのか?
・ステップアップして、違う道を目指したいのか?

 

これらは”応募者の志向性”を確かめています。
簡潔に話せるように纏めておいた方が良いです。

 

話が長すぎたり、要点が纏まっていない場合は、
NG判断されます。
1分程度で話せるのが理想です

 

 

 

==> 20代で2回目の転職はあり?の記事に進む

 

 

<== 転職の一次面接では何を聞かれる?の記事に戻る

 

20代後半の転職方法≪経験者が教える成功するための6つのコツ≫のトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


20代後半の転職方法 自己分析 自己PR 志望動機 転職理由 在職中に転職