20代転職が上手くいく方法

20代の転職が上手くいく方法

・20代前半と後半では求められる人物像が異なる
・20代後半と後半では転職方法が異なる

 

自分が置かれている状況に応じて、
転職のやり方を選択する必要があります

 

20代の転職で大切なのは2つです。

・企業が求める人物像を分析・把握する
・転職方法を理解する

 

企業が求める人物像を分析・把握する

20代と言っても、大きくて2つに分けられます。

・20代前半(22〜25歳)
・20代後半(26〜29歳)

 

それぞれ、企業が求める点が異なります。

 

20代前半に求められる点

・基本的なビジネスマナー
・社会人としての常識
・やる気、意欲、素直さなどの人柄

新卒から入社して3年以内の20代社員を
”第二新卒”と呼びます。

 

20代前半は、現時点の能力よりも
ポテンシャルを重視します。

 

 

また、決め手となるのは、退職理由です。
企業側も”ミスマッチのため”は理解していますが、
どのような視点でそれを説明するのか?が重要です。

 

20代後半に求められる点

・実務経験
・求めるポジションに応用できるスキル

20代後半は、即戦力を求められるため、
よりシビアに能力を重視されます。

 

 

転職方法を理解する

20代前半の転職方法

・20代前半に特化した転職サイト
・20代前半に特化した転職エージェント

 

厚生労働省発表「新規学卒者の離職状況」によると、
新入社員の30%が入社後3年以内にやめています。

 

そうした背景から第二新卒で転職する人は多く、
特化したサイトが複数あります。

 

<転職サイトの例:リクナビNEXT>
 

 

<転職エージェントの例:マイナビ20s>

 

 

20代後半の転職方法

・転職エージェント

 

<転職エージェントの例:マイナビエージェント>

 

他にも転職サイトやハローワークという方法もありますが、
おすすめしません。

 

なぜなら、

エージェントを進める理由

・専任のアドバイザーが担当してくれる
・希望する業界や企業の情報を教えてくれる
・書類の添削や模擬面接を実施してくれる
(初めての転職でもサポートが万全)

 

20代後半は、責任が増し仕事量が増え始める時期です。
毎日が怒涛の勢いで過ぎていきます。

 

そして、30代になるとより条件が厳しくなるため、
転職するなら20代後半のうちが良いのです。

 

 

==> 28歳が自己分析を行うコツの記事に進む

 

 

<== 転職で面接に行くための有給理由の記事に戻る

 

20代後半の転職方法≪経験者が教える成功するための6つのコツ≫のトップページに戻る


20代後半の転職方法 自己分析 自己PR 志望動機 転職理由 在職中に転職