20代で2回目の転職はあり?

20代で2回目の転職はあり?

・転職理由を明確にPR(長く働けることを証明する)
・企業が求める能力があることをPR

有りか無しかで言うと「有り」です。

 

ただし、一般的に転職回数が多いほど、
採用が不利になる傾向があります。

 

なぜなら、

・長続きしないと判断される
・スキル不足だと判断される

という理由からです。

 

関連記事:20代の転職回数は何回までOK?

 

20代で2回目の転職が上手くいく方法

そこで以下の点が大切になってきます。

1.企業に自分のキャリアやスキルに興味を持ってもらう
2.応募書類や面接に1をPRする要素を存分に盛り込む

 

企業に自分のキャリアやスキルに興味を持ってもらう

企業が20代後半者に求めるのは、即戦力です。
(まだ若手のため、30代と比べると敷居は低いですが)
自分がこれまでに培った能力や経験をPRします。

 

 

ましてや転職は、自分と同等かそれ以上の応募者との競争です。
「如何に企業が求める条件とマッチしているか」
証明する必要があります。

 

そのためには、

・自己分析を行い自分の市場価値を客観的に分析する
・企業が求める条件(スキルや経験)をPRする

 

応募書類や面接に1をPRする要素を存分に盛り込む

面接に呼ばれない限り、合格出来ません。
そのためには、応募書類の通過率を高める必要があります。

 

職務経歴書のポイント

・A4用紙1〜2枚に簡潔にまとめる
・前職での成果と実績をPRする
・キャリアに一貫性を持たせる

何を伝えたいか分からないのはNGです。
書類通過率をアップさせて、面接に多く行けるようにします。

 

そして、次に面接対策です。

 

企業が重視するのは、

・求める能力を有しているのかな?
・長く働いてくれるのかな?(すぐに辞めないかな?)

 

という点です。
これらの懸念を払拭する必要があります。

 

 

必ず「転職が多い理由」を尋ねられます。
面接官が納得できる理由を説明出来るように、
事前に準備しておきましょう。

 

 

==> 20代後半で未経験業界や職種への転職は可能?の記事に進む

 

 

<== 転職の二次面接では何を聞かれる?の記事に戻る

 

20代後半の転職方法≪経験者が教える成功するための6つのコツ≫のトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


20代後半の転職方法 自己分析 自己PR 志望動機 転職理由 在職中に転職