20代後半の転職で気を付けるべき3つのこと

20代後半の転職で気を付けるべき3つのこと

・20代後半の転職の注意点は3つ
・お金と興味がある仕事を選ぼう

 

20代後半は転職しやすいと言われています。
また、この時期の転職が、
将来を大きく左右するとも言われています。

 

 

30代以降は「管理職」として人材育成を期待されます。
そして、実際に異業種や異業界へ挑戦するのが、
非常に難しくなります。

 

そのため、ジョブチェンジしたい場合、
20代後半で転職した方が良いのです。

 

 

20代後半は確かに転職しやすい時期ですが、
いつくか注意点もありますので、紹介していきます。

20代後半の転職の3つの注意点

1.30代以降の年収を意識した転職を行う
2.興味がある、やりたい仕事を選ぶ
3.収入がある状態(在職中)で転職活動を行う

 

1.30代以降の年収を意識した転職を行う

20代の頃は、それほど格差はありませんが、
30代以降で、年収に大きな差が生まれます

 

能力の違いもありますが、最も大きなのは業界の違いです。
業界にはそれぞれ、平均年収の高い業界と
平均年収の低い業界があります。

 

平均年収の高い業界に行けば、
将来的に年収が高くなる可能性が高いです。

 

 

 

 

お金はないよりも有った方がよいです。

将来必要になるお金の例

・老後の資金
・住宅購入資金
・子供の養育費

 

などなど、お金が合って困ることはありません。

 

2.興味がある、やりたい仕事を選ぶ

これには2つの意味があります。

 

面接における説得力

本当に好きなことでなければ、
志望動機や転職理由として説得力を持ちません。

 

「今度どうしていきたのか?」
「転職先で何を実現したいのか?」
を自分の言葉でしっかりと伝える必要があります。

 

 

興味がないことを続けるのは苦痛

転職する理由は、人それぞれですが、
興味がない、好きじゃないことを続けるのは難しいです。

 

最悪「また転職する」という事態になりかねません。
そのため、興味がある、好きな仕事を選んだ方が、
長い目で見てよいのです。

 

3.収入がある状態(在職中)で転職活動を行う

辞めてから転職活動をするのは、リスクが高いです。
転職活動は、時間と費用がかかります。

 

貯金残高が目減りしていくと、焦ります。
焦ると冷静な決断をするのが難しくなり、
最悪「ブラック企業に入社」なんてことになりかねません

 

在職中に転職活動をするメリット

・不採用になっても、職があるため経済的に焦らない
・継続的な収入があると転職活動に専念できる

 

これらの点を考慮した上で、
20代の転職活動を進めた方が良いです。

 

 

==> 20代後半で異業種の転職は可能?の記事に進む

 

 

<== 年収アップの転職はリスクもあるの記事に戻る

 

20代後半の転職方法≪経験者が教える成功するための6つのコツ≫のトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


20代後半の転職方法 自己分析 自己PR 志望動機 転職理由 在職中に転職