20代後半で未経験業界や職種への転職は可能?

20代後半で未経験業界や職種への転職は可能?

・20代後半は未経験への転職は可能
・未経験への転職するポイントは3つ

 

「数年働いてみたけども、何か違う」
「〇〇という仕事に挑戦してみたい!」
でも、20代後半から未経験に挑戦できるのかな。

 

こんな思いを抱いている人もいると思います。

 

 

可能か不可能かで言うと、20代後半の場合、
未経験業界や職種への転職は可能です。
(ただし、誰もが出来るわけではありません。)

 

それは、何故かというと、

 

20代後半が未経験業界や職種に転職出来る理由

・社会人としての基礎力があるため、転用できる
・業務を一人で遂行出来る能力がある

 

つまり、教育コストが少なく、
ある程度即戦力として期待できるからです。
逆に言うと、これらのスキルがない場合は難しいです

 

次に、転職に成功するためのコツについて、説明します。

異業界や異業種の転職に成功する3つのポイント

1.応募企業に活かせるスキルを整理する
2.志望動機や転職理由を応募企業に関連付けする
3.転職エージェントを利用する

 

応募企業に活かせるスキルを整理する

同じ20代後半の転職者でも、
経験者と未経験者では、企業の印象が異なります。

 

転職はタイミングですが、
この場合は、経験者と比べて不利です

 

なぜなら、経験者の場合、より教育コストが少なく、
前職と関連性が高いため、戦力として期待できるからです。

 

 

そのため、”未経験ではあるが転職先でも通用するスキル”
をPRする必要があります。

 

具体的な例を交えて説明すると、
相手にイメージしてもらいやすいです。

 

志望動機や転職理由を応募企業に関連付けする

企業からすると、こうした疑問が浮かびます。
「前職と違うけど、なぜ弊社を選んだの?」
「業界が異なりますが、大丈夫?」

 

 

応募者も不安はありますが、
大丈夫である点をしっかりと説明します。

 

その際に、大丈夫だと言える根拠の裏付けや、
前向きな姿勢であることを伝えます。

 

「未経験だが、挑戦したい」理由を自分の言葉で説明しましょう。

 

 

転職エージェントを利用する

20代後半は、仕事を任されて非常に忙しい時期です。
企業とのやり取りをオンタイムで行うのは、無理です

 

エージェントの視点からすると、
「20代後半は転職しやすい」と理解しています。
そのため、一層力を入れてサポートしてくれます。

 

こうした相互のメリットが一致するため、
転職エージェントを使った方が、上手くいく確率が高いです。

 

 

 

<== 20代で2回目の転職はあり?の記事に戻る

 

20代後半の転職方法≪経験者が教える成功するための6つのコツ≫のトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


20代後半の転職方法 自己分析 自己PR 志望動機 転職理由 在職中に転職