転職で年収アップする方法

転職で年収アップする方法

・給与水準の高い業種や職種が存在する

 

一般的に以下の条件を満たしている場合、
転職で年収アップしやすいです。
 

転職で年収アップしやすい条件

・給与水準が高い企業や業界に転職する
・同業他社と比べて現在の給与が低い
・需要の高い専門知識がある
(例:金融業務知識・エンジニアなど)

 

一番手っ取り早く年収を上げる方法は、
給与水準の高い業界に転職することです。

順位 業種名 モデル年収(平均)
1位 ベンチャーキャピタル 1,204万円
2位 証券・投資銀行 845万円
3位 商品取引 783万円
4位 不動産 740万円
5位 生命保険・損害保険 706万円
6位 専門店(カメラ・OA関連) 691万円
7位 住宅・建材・エクステリア 657万円
8位 信託銀行 650万円
9位 外資系金融 644万円
10位 リフォーム・内装工事 632万円

<マイナビ転職から転載>

 

平均給与が高いため、転職後は同水準の給与になる確率が高いです。
 

年収の高い業界を探す方法

年収ラボを使用して調べる
業界だけに留まらず、企業別の情報も掲載されています。
各業界の(一部上場企業なら直接)年収の目安が分かります。
非常に使い勝手の良いサイトです。

 

 

もしも転職に求める要素が年収アップの場合、
この方法で探せば高確率で成功します。

 

 

ちなみに、職種別年収TOP10は以下です。

順位

職種名

職種分類 モデル年収 (平均)
1位 システムアナリスト ITエンジニア 1,100万円
2位

システムエンジニア
(アプリ設計/汎用機系)

ITエンジニア 964万円
3位

コンサルタント
(生産・物流)

コンサルタント
金融・不動産専門職

915万円
4位 不動産営業

コンサルタント
金融・不動産専門職

870万円
5位

コンサルタント
(経営戦略)

コンサルタント
金融・不動産専門職

836万円
6位

システムエンジニア
(DB・ミドルウェア設計
汎用機系)

ITエンジニア 796万円
7位

臨床開発モニター
(CRA)

医薬・食品・化学
素材

769万円
8位

営業・企画営業
(個人向け)

営業 756万円
9位 用地仕入れ

コンサルタント
金融・不動産専門職

744万円
10位 アセットマネジャー

コンサルタント
金融・不動産専門職

737万円

<マイナビ転職から転載>

 

 

専門性の高い職種ほど給与水準が高いことが分かります。

 

ただし、給与が高いということは、
以下の条件である可能性があります。

年収アップのリスク

・求められる能力が高い
・労働時間が長い(可能性がある)

 

こうしたリスクも考慮しつつ選択した方が良いです。

 

関連記事:年収アップの転職はリスクもある

 

お金を・時間・労働環境・勤務場所
何を一番に考えるのかは、その人の価値観次第です。

 

 

==> 会社の将来性を考えて行動するの記事に進む

 

 

<== やりたい仕事を探す方法の記事に戻る

 

20代後半の転職方法≪経験者が教える成功するための6つのコツ≫のトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


20代後半の転職方法 自己分析 自己PR 志望動機 転職理由 在職中に転職