会社の将来性を考えて行動する

会社の将来性を考えて行動する

・大企業でも倒産するリスクがある
・スキルを磨き市場価値を高める

 

一般的に企業の寿命は「30年」です。
東証一部上場企業の場合は長くて「60年」と言われています。

 

しかし、昨今はシャープ、東芝などの大手企業でさえも
経営不振で苦しんでいます。
大手だから安泰・将来性があるというわけではありません

 

 

では、現在勢いがある企業に転職するのが正解か?
と言えば、そうでもありません。

 

なぜなら、

 

勢いのある企業や業界へ転職するリスク

現在伸びている業界が5年後10年後も繁栄しているとは限りません。
その時々のトレンドに左右されます

 

例えば、

携帯=>スマホへ。
スマホ(液晶)⇒有機ELへ。

こうした変化が絶えず続いていきます。

 

入社して数年は好調だと感じても、
その後状況が悪化してまた転職する羽目に・・・
そうなってしまっては本末転倒です。

 

 

どういう業界や企業に転職するのが良いのか?
というと、

 

市場価値を高めることが一番

私の経験から、営業スキルは業界が変わっても通用します。
(語学力、商談の進め方やお客さんとの関係の作り方など)
そのため、自分のスキルを磨き市場価値を高めることで、
他業界に移っても生き残ることが出来ます

 

 

もちろん将来〇〇で独立したいと考えており、
修行と位置付けて業界トップに転職するのは有りです。

 

 

==> 複数の転職エージェントを利用するの記事に進む

 

 

<== 転職で年収アップする方法の記事に戻る

 

20代後半の転職方法≪経験者が教える成功するための6つのコツ≫のトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


20代後半の転職方法 自己分析 自己PR 志望動機 転職理由 在職中に転職