管理人紹介

管理人紹介

名前:ゴン

 

年齢:30代前半

 

好きな物:飛行機(見るのも、乗るのも好きです)
 

 

GWに旅行しました。

私の転職日記

転職で一番つらいのは、面接で落ちた時です。
とりわけ、最終面接で落ちた時は、
もの凄い絶望感に襲われました。
もう止めよう・・と諦めかけました。

 

 

エージェントに励まされて、再度チャレンジしました。
何社か面接で落ちましたが、
最終的には転職に成功することが出来ました

 

 

一人で転職活動していたら、途中でやめていたと思います。
今思えば、面接で落ちるのは珍しいことではないので、
気にする必要はありません。

 

 

「自分とその企業は合わなかっただけ」
「合わない企業に入っても、後悔するだけ」
そう思えるようになりました。

 

転職で失敗したこと

事前にしっかりと業界研究した方がよいです。
業界研究をせずに面接に行くと失敗します。
極端な話「何しに来たの?」という対応をされます。

 

 

暗記する必要はありませんが、
調べていないことが丸分かりの面接はツライです。
抽象的な質問しか出来ず、面接官が苦笑していました。

 

 

それが軽くトラウマになりました(笑)
この経験以降、業界研究の重要性を痛感しました

 

業界研究の方法は以下を参照してみてください。
関連記事:業界研究のやり方や方法

 

 

途中で嫌になることもあると思います。
転職活動を止めたいと思うかもしれません。

 

 

ただし、妥協せずに、自分が納得するまで、
転職活動を続けた方が良いです。
20代後半の転職は、これからの人生を決定します。
ここで諦めたらこの先後悔すると思います。

 

 

一人で心細いと感じるなら、
転職エージェントを利用すれば良いと思います。
彼らは、様々な方法で転職をサポートしてくれます。

 

 

このタイミングの転職が30代、40代のキャリアを決定します。
後悔しない選択をした方が良いです。

 

 

あくまで、個人的な体験談ですが、
このサイトが転職活動のお役に立てば幸いです。

 

 

20代後半の転職方法≪経験者が教える成功するための6つのコツ≫のトップページに戻る


20代後半の転職方法 自己分析 自己PR 志望動機 転職理由 在職中に転職